私の場合は
フィヨルドにしました。
最後まで、ストレスレスと迷いました。

PRしゃべくり007で紹介 夢まくらとは
PR純国産 い草のシーツ「大目舞子」抗菌、防臭


初めまして
管理人のAnz@あんずです。

ベッドで有名なあのシモンズ社のリクライニングチェア「フィヨルド」を購入しました。
(半分ローンです・・・・ ^^;)

購入する際に、どのメーカーの椅子にするかすごく迷ってしまいました。

リクライニングチェアを購入する際に、候補にピックアップしたのが
次の三つブランドです。

それぞれをクリックすると、関連する紹介ページに移動できます。

ストレスレスの座り心地も捨てがたかったんですが、おしゃれなインテリアの雰囲気のあるフィヨルドにしました。

「ストレスレス」リクライニングチェアは、体全体を心地よく包み込んでくれます。

一方、北欧生まれの「フィヨルド」リクライニングチェアは,
北欧らしいインテリア家具としても素敵なデザインの椅子です。

座り心地は、ストレスレスよりもやや硬い感じですが、悪くはありません。
木材を素材とした暖かみのある優美で繊細な曲線のおしゃれなデザインで、
満足感が高いリクライニングチェアです。

座りながら昼寝をしてしまったり・・・

isu01

 

このサイトは,
これからリクライニングチェアを購入しようと考えている方へ,
各製品の

 特徴やおすすめのポイント
  注意した方が良い点
   それぞれメーカーのショールームで、
   実際に座ってみてまとめました。

2 価格の比較
   購入の際には、やっぱりお値段。
気になりますね(^_^;)
   各ブランド製品の価格比較しました。
   価格比較に興味のある方
➡ こちらから

3 お近くのショールームについて

以上3点を中心にまとめてあります。

その他,お手軽な値段でコスパ重視の方には
Amazonで扱っている製品が参考になります。

アンズがAmazonでしか買えないリクライニングチェアを
性能や価格を調べてピックアップ  

➡ こちらから
PR純国産 い草のシーツ「大目舞子」抗菌、防臭

 

 

「ストレスレス」リクライニングチェア エコーネス社

isu 002

それでは、早速リクライニングチェアの王様から行きましょう。

北欧のエコーネス社は,
リクライニングチェアではトップメーカーといってよいほどの人気と実績のある会社です。

「ストレスレス」というブランド名で販売されてます。エコーネス社は、パーソナルリクライニングチェアの他にも様々な高級リクライニング家具で広く親しまれています。
インテリアとしてもおしゃれなデザインですね。

「ストレスレス」の一番の大きな特徴は、
椅子の脇の回転ノブをゆるめて体重をかけるだけで、快適な座り心地を自在に得られる機能は、国際特許取得済みです。

また、「ストレスレス」は、米国のカイロプラクティック協会が推奨する唯一のリクライニングチェアなんですよ。

座ってみました ←クリックしてご近所のショールーム一覧へ。

isu tenji suto

 

「ストレスレス」
座ってみて広く親しまれている理由が実感できました。

リクライニング機能がとてもスムーズなんです

座っている人の態勢に応じて椅子が素直に,
自由自在に(堅すぎず,柔らかすぎず)リクライニングします。

しかも,身体をすっぽりと柔らかく,どこまでも優しく柔らかく包み込んでくれますあまりの心地良さにしばらく座り続けてしまいました。

「ん~ この心地良さったら~ 欲しい~ ぜったい欲しい~」

 

「ストレスレス」には、いろいろなデザインやサイズがそろっています。

エコーネス社の製品価格帯を見てみます

最低価格の製品が
「ストレスレス」ディプロマット(S)
191,160円

最高価格の製品が
「ストレスレス」ブルース(M )
557,280円

価格帯レンジが広く製品のヴァリエーションが豊かなのが特徴です。

3つのブランドの製品の価格を比較しています。価格に興味のある方は➡ こちらから

PR ラグカーペット ベルギー産北欧テイスト 厚手夏柄 3畳 ウィルトン織

PR ヨヤクスリ


 

 

「フィヨルド」リクライニングチェア シモンズ社

living_1

二番目は、シモンズ社の「フィヨルド」です。

ベッドで有名なあのシモンズ社から販売されていこの製品は,以前北欧ノルウェーのイエリアーダ社製の「ノーザンコンフォート」という名称のリクライニングチェアと同一の製品です。

現在では,シモンズ社が輸入代理店として
「フィヨルド」として販売しています。

座ってみました ←クリックしてご近所のショールーム一覧へ。

isutenji fiyo

 

「フィヨルド」の座り心地。
しっかり身体を包み込んでくれる。
しっかりしているけど,柔らかい
第一の印象でした。

北欧エコーネス社の「ストレスレス」は,
ひたすら優しく柔らかく身体を包みこむ感じがしました。
このシモンズ社の「フィヨルド」は,
柔らかく身体を「支える」とでも言うような感触です。

人間の性格に例えると,
「ストレスレス」は,こちらの主張に100パーセントどこまでも従順に寄り添ってくれる感じ。

一方の「フィヨルド」は,
こちらの主張を聞き入れてくれながらも,その主張に対してさりげなくアドバイスをしてくれるといった感じです。
分かりづらい例えでごめんなさい。(汗)

リクライニング機能は,「ストレスレス?」より自由自在感は弱く若干堅めに感じました。

わたしが「フィヨルド」から,一番インパクトを受けたのは,強い耐性を備えながらも,
木材を素材とした優美で繊細な曲線をともなったデザインでした。

この製品からは、こだわりの北欧独特のクラフトマンシップを感じました。

とにかく美しいリクライニングチェアです。
インテリアとしてもお洒落で素敵です。

ヨーロッパで培われてきた木工技術に
曲げ木加工というものがあります。

北欧生まれの「フィヨルド」は,最新の製造工場と熟練家具職人の手で、上質の木材を用いて曲げ木加工により最高品質の商品に仕上げていたのでした。

こちらもストレスレスと同じように、いろいろなデザインやサイズがそろっています。

おしゃれな北欧デザインの家具の視点からみると,個人的には,「ストレスレス」よりも「フィヨルド」のお洒落なデザインが好きです。

「ん~ 自分の部屋に こんなデザインのリクライニングチェアが欲しい~」

 

シモンズ社の製品価格を見てみます
最低価格の製品は
「フィヨルド」Rベース215
143,640円
ですが、
予算的に許せば、Cベースの
「フィヨルド」 ウノ 213,840円をおすすめします。

Cベースの製品は、Rベースに比べると
土台の構造の違いから、寛ぎの感覚が別次元を味わえますよ。
「フィヨルド」 マニアーナ 267,840円もいいですね。

最高価格の製品は
「フィヨルド」 アルファ 300,240円
エコーネス社よりも、価格帯レンジが狭いです。

リクライニングチェアの価格比較 ➡ こちらから

アンズがAmazonで手にはいるリクライニングチェアを
性能や価格を調べてピックアップ  
➡ こちらから

 

PR《3年間保障》ソファなどオリジナル家具ならArmonia
PR センターラグ ベルギー産北欧テイスト 夏マット 3畳 キリム シャギーラグ
PRしゃべくり007で紹介 夢まくらとは
PR ヨヤクスリ


 

 

 

「ザ・ファースト」リクライニングチェア カリモク社

bg_main01

三番目は、
あのカリモクを見ていきましょう。

国産家具では有名すぎるあのカリモク社の
リクライニングチェアのブランド名が
「ザ・ファースト」です。

当初は,Mサイズのみでしたが,Sサイズ・Lサイズが登場しました。

国産のメーカーのカリモクらしく日本人の体型や,身体の部位ごとのサイズをきめ細かく研究しら結果からカリモクオリジナルの3つのサイズを設定しています。

カリモク「ザ・ファースト」は,日本人の身長分布や体型を分析し、
それぞれのサイズで
・背面の高さ
・座面の長さ
・その他を身体の部位ごとに最適な寸法
で設計
してあります。

座ってみました  ←クリックしてご近所のショールーム一覧へ。

カリモク「ザ・ファースト」
椅子全体が,身体にピタッと,フィットする感じはこれまでの二つの北欧メーカーには無い感じでした。
身体にフィットすることによって何とも言えない寛ぎを感じます。

北欧のメーカーは、いろいろなサイズを揃えています。そのサイズは、一般的に大柄な体型の外国人用に生産した製品です。

一方、国内メーカーであるカリモクの「ザ・ファースト」は、日本人の体型を研究し尽くした上で生産しています。身体にフィットする感じが優れているのは当然と言えば当然ですね。

「ザ・ファースト」の一番のポイントは,
まさしく国産メーカーならではの日本人に合った「きめ細かな寸法設計」によるフィット感ですね。

身長171センチ・体重77キロのわたしが座ったのは,
Mサイズのリクライニングチェアでしたが,
Lサイズには,実際に座れなかったので,
さらにLサイズだとまた異なったフィット感を味わえたと思われます。

「ザ・ファースト」は3つのサイズと,5つのモデルが用意してあります。

国産のカリモク社の製品価格を見てみます
最低価格の製品は
「カリモク」THE FIRST RU71(M・布)183,384円
最高価格の製品は
「カリモク」THE FIRST RU74(M・革)319,680円

椅子の材質が布と革によって構造が同じでも価格が異なってきます。

また、カリモクで注意したい点があります。

それは、エコーネス社とシモンズ社はオットマンがセットでの価格ですが、
カリモク社は、オットマンが別売になります。
ご注意ください。

リクライニングチェアの価格比較しました➡ こちらから

アンズがAmazonで手にはいるリクライニングチェアを
性能や価格を調べてピックアップ  
➡ こちらから


PRしゃべくり007で紹介 夢まくらとは

PR ヨヤクスリ


 

 

それで、結局のところ話です。

いろいろ迷ったけど、シモンズ社の「フィヨルド マニアーナ」に

isu4
北欧伝統である曲げ木の技術によりCの形にできているベース(土台)

isu2 isu3

一番の理由は,北欧のインテリア家具としての優美でお洒落なデザインに,コロリと参ってしまいました。

座り心地は,他の二つのメーカーの製品と比較すると,若干堅めです。上質で適度な堅さです。

「フィヨルド」の木材を曲線に加工して状態で本体を支えているデザインは,単にデザインの為のデザインでは無いのです。

木材を曲げた状態で本体を支えることにより,ロッキングチェアーに似たゆらゆらした感覚(ほんの,わずかのゆらゆらですが・・)がとても心地良く感じます。

北欧伝統である曲げ木の技術によりC(アルファベットのシー)の形にできている土台により人が腰掛けると適度にしなり,体重を吸収・分散して独特の寛ぎを実現しています。

他の二つのメーカーでは,味わえない独特な「フィヨルド」の世界です。読書や音楽を,ゆらゆらしながらリラックスして楽しんでます。

 

ここまで、お付き合いいただきまして、ありがとうございました。

決して安くない買い物です。
ショールームで実際に何度も,何度もご自身で満足がいくまで座り込んで選ぶことをお薦めいたします。

なお,

これまでに、私のサイトをご覧になった3名の方から、
もっと価格が手頃で,お気軽に楽しめるリクライニングチェアについて
紹介をして欲しいというご要望をいただきました。

リクライニングチェアでは有名なこの三つのメーカーの製品たちは、
はっきり言って購入には、かなりの覚悟が必要な価格です。

そこで,現在アマゾンから手に入れることができるチェアを
調べてみました。

アンズがAmazonで手にはいるリクライニングチェアを
性能や価格を調べてピックアップ  
➡ こちらから

PR 時間節約 ヨヤクスリ







投稿日:

執筆者:

リンク




カテゴリー

amazonリクライニングチェア
➡ こちらから








“"





リクライニングチェア
レーシング オットマン付き

北欧風3人掛け
コーナーソファー

北欧風のかわいいデスク
ココアテーブル

北欧家具バランスチェア
専用北欧カバー座+膝用セット

【SIEVE/シーヴ公式オンラインショップ】