93516







1958年に開場し、1964年の東京オリンピックの
メインスタジアムに使われた国立競技場は、
2014年の閉場までにサッカーやラグビーなどの
スポーツやコンサートに沸いた思い出が多くつまった場所ですね。


2015年の解体に先立って、
スタンドの自由席シートが新たな椅子へと生まれ変わったんです。


チケット「ぴあ」は、
2015年7月4日(土)10時より、
国立競技場の“スタンドの自由席シート”を使って新たに作られた椅子を
「SAYONARA国立競技場“FOR THE FUTURE”
MEMORIAL GOODS デザイナー with カリモク家具」として、
個数限定で販売しています。


「SAYONARA国立競技場“FOR THE FUTURE”
MEMORIAL GOODS デザイナー with カリモク家具」は、
国立競技場を管理・運営する日本スポーツ振興センターとともに企画・制作が行われました。


デザインは、
ドリルデザインが「スツール」、
白鳥浩子が「背もたれ付きのチェア」、
鈴木元が「2人掛けのベンチ」を担当しました。


そして、家具メーカー・カリモク家具が設計、製造を担当しました。


93333








同社ではこのほかにも、
廃材を思い出が刻まれた価値あるものとして甦らせる
「再生プロジェクト」を展開しています。


現在は、アイドルの聖地・日本青年館大ホールの解体に際し、
長年使われていた楽屋の鏡、緞帳、席番プレート、マイクスタンドなどの
メモリアルグッズを販売しています。


販売は、どちらも「チケットぴあ」Webサイトになります。

「SAYONARA国立競技場“FOR THE FUTURE”
MEMORIAL GOODS デザイナー with カリモク家具」、
日本青年館大ホールメモリアグッズともに発売中です。







■「SAYONARA国立競技場“FOR THE FUTURE”
MEMORIAL GOODS デザイナー with カリモク家具」 ※すべて税込み  こちらから  
●TOKYOスツール
販売数350脚、価格32,400円
●ponyチェア
販売数150脚、価格43,200円
●KOKURITSUベンチ
販売数200脚、価格54,000円


■「日本青年館大ホールメモリアグッズ」 ※すべて税込み  こちらから
●日本青年館席番プレート
販売個数1,344、価格4,800円
●楽屋プレート
販売個数7、価格15,000円
●楽屋化粧鏡
販売個数46、価格15,000円
●マイクスタンド
販売個数3、価格190,000円
●刺繍緞帳額装(桜柄)
販売個数240、価格28,000円
●舞台用暗幕トートバック
販売個数250、価格8,000円
●暗幕クッション(ドット柄)
販売個数30、価格4,500円
●客席肘掛CD/DVDラック
販売個数999、価格4,800円